スローガン

ライオンズスローガン

Liberty Intelligence Our Nation’s Safety
自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる

地区ガバナースローガン

EN
咸じて臨む、持続可能な奉仕

会長スローガン

みんなで持とう、ライオンハート

ご挨拶

長野みすずライオンズクラブ会長
山室 健三

新しい会員が増え、入会10年以内のメンバーが、半分以上となった我が長野みすずLC。 世界中に広がる、このすばらしいライオンズのことをしっかり学んでいきたい。
私が会長になる今年度では、ライオンズのことをしっかり学ぶため、第二例会を中心に、1・ライオンズの精神(ライオニズム)、2・歴史・経験、3・現在ライオンズが目指しているもの などの項目に分けて、勉強会を開催する予定です。勉強会を行ったうえ、後半の例会においてメンバー全員で、これからの長野みすずLCについて、ライオンズクエスト方式を利用しながら、話し合いをおこないたいと思います。  他の例会においても、有意義な例会にするため、外部からの講師をお呼びし、コロナのこんな時期なので、「元気のでる講演」を開催したいと思います。  今年度のアクティビティについてですが、例年行っている、今の長野みすずLCの継続アクティビティを見つめ直すため、今のやり方や携わり方について、話し合いをおこなっていきたいと考えます。そこで、アクティビティごとに班を形成して、その班を中心に検討していただき、改良するところがあれば、改善したいと思います。班構成は、なるべく入会の新しい方を中心に、新しい目で見ていただこうと考えました。 昨今のみすずの傾向として、委員会があまり機能せず、すべての活動を、執行部が中心に回している事が多く、一部のメンバーの負担が大きくなる傾向があるため、なるべく活動をみんなで分担するよう、みすずLCでは、クラブ員みんなが協力し、クラブ員みんながボランティア活動をおこなって行くようなクラブにしたいと考えます。
また、私で42代目となるみすずLC、これまで作り上げてきたこのクラブのみすず精神を継承していくため、今までの活動を振り返り、先輩ライオンの話をお伺いしていき、これからのみすずLCが継続、さらに発展していけるように、努めていきたいと思います。
今や334E地区の最大級のクラブとなってきた長野みすずLC、メンバーみんながライオニズムを理解して、いいボランティア活動を通じて、みんなの心がライオンハートになることを望みます。

活動報告

みすずライオンズクラブの歩み